\即日借入おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「突然の出費で今すぐにでもお金が必要」
「もう給料日まで待つことができない」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査に通るかどうか不安という方に、本当にすぐに借りれる即日の借入先をご案内します。利用するなら即日融資・即日審査にも対応している大手銀行系カードローンのご利用がおすすめです。(※最短1時間で融資可能)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
即日24h対応 派遣社員OK アルバイトパートOK 来店不要 郵送物なし 振込融資OK 30日間無利息
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
即日24h対応 派遣社員OK アルバイトパートOK 来店不要 振込融資OK 30日間無利息
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
即日24h対応 派遣社員OK アルバイトパートOK 来店不要 振込融資OK
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「会社の同僚にバレたくない」「家族にバレたくない」ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手銀行系カードローンのプロミスの他にモビットも評判です。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

銀行系カードローンの基礎知識コラム


一般的に、住宅用の宅地や家屋を購入する時には住宅ローンを利用しますが、この時に即日借入したことのある人は審査に落ちやすいというのはよく聞きます。


金銭管理が甘いとみられてしまうわけですね。
今、現在進行形で即日借入を利用していたり、滞納したことがあれば、住宅ローンの審査は落ちると考えてください。とはいえ、一生、住宅ローンが使えなくなるというわけではありません。


キャッシングの利用から五年以上経てば、審査には響かないことが多いです。
借金は総量規制によって、借入限度額は制御されてしまいます。借入があるか否かによっても変わってきますから、可能であれば借りているお金を減らしてから、申し入れてください。
借りられるのが年収の3分の1以下だということは心得ていてほしいです。キャッシング枠が設定されているクレジットカードを役立てて借金をするのは他の方法と比べてもかなりスピーディーです。問題なくカードを作ることが出来たのであればショッピング枠・即日借入枠と両方の審査が通っていて問題がない状態であると言えますから、決められている借り入れ限度額の上限までならばその業者が設けているキャッシング方法によって驚くほどに早く、そして面倒な手間もなく借入れをすることが可能になりますので、頭に入れておいてください。新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしでローンを組める会社もあります。それも、闇金ではなく超大手の会社です。



職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、会社や組合の名前が入った保険証などで済ませてもらえます。書類提出のためのスキャナがない人は、携帯のカメラ機能があれば大丈夫です。



貸金業法が改正されたことで、どの金融機関でも、即日借入の金利を改正前より引き下げられました。


法改正前にキャッシングでお金を借りていた方は規制以上の利息となっており、過払いになっているかもしれません。この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。

思い当たるならば、完済の方も、返済中の方も可及的速やかに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、一日でも早く返還手続きを始めましょう。
高額なお金が急ぎで必要なとき、訳あって貯金は利用できない、そんなお悩みには、即日借入を使ってみるといいかもしれません。派遣社員やアルバイトでお勤めの方でも借りることができ、専業主婦の場合には、配偶者の方に安定した収入があれば、融資を受けることができる業者も存在するのです。
ある一定の条件をクリアできれば、すぐに利用できるのです。
即日借入とカードローンは同じようにATMで借りることができるので違いが理解しにくいですが、返済方法に違いがあるのです。。



即日借入は一括払いが常識で、カードローンは分割払いがスタンダードになります。
ですが、近頃ではキャッシングでも分割やリボ払いが選択できるところもありますので、はっきりとした区別が徐々に失われてきています。



連帯保証人になってほしいなんて言われたことがある方もいるのではないでしょうか。連帯保証人は債務者の責任をすべて負うものですから、生半可な覚悟なら連帯保証人になることは回避した方が良いでしょう。実際、名前を貸したために、人生が狂ってしまったという人も多いです。主債務者が返済できない場合のみ、返済の義務を負う保証人と違い、連帯保証人は主債務者とまったく同様の返済義務が課せられます。


金融機関のキャッシングに契約する場合は保証人を用意立てする必要はないのですが、平気でキャッシングを繰り返すような人とは、距離を置いた方が良いと思います。銀行のカードローンや消費者金融の即日借入とは他の大型のローン内容などとは違って少々のお金を融資してもらうことが出来るサービスです。一般的に考えると、お金を借りることになったのならば万が一の時のために担保を設定したり保証人の判子が必要です。ただし、少額のキャッシングということであるならば誰かに保証人になってもらったり、物件を担保にする気が引けてしまうようなことは考えなくても大丈夫です。免許証やパスポートなど本人確認が可能な書類だけで、すべて完了となりますから、気軽に利用できます。
銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことを即日借入といいます。クレジットカードに付帯したキャッシング枠で現金を引き出すことも即日借入といいます。



中でも、銀行系以外の即日借入サービスはノンバンク系キャッシングと呼ばれ、銀行の即日借入サービスとは区別されます。どちらもお金を貸してくれるのだから区別する必要はないのではと思う方もいるかもしれませんが、銀行での借入と銀行以外の即日借入業者とでは、定められた法律が異なるのです。どういうことかと言うと、銀行には銀行法が適用され、それ以外の業者の場合、貸金業法が規定されています。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス