\即日借入おすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「突然の出費で今すぐにでもお金が必要」
「もう給料日まで待つことができない」

当サイトでは沖縄県で今すぐの即日借入をご検討中の方に、安心して利用できる即日の借入先をご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資・即日審査にも対応している(※最短1時間融資)安心・安全の大手銀行系カードローンがおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日借入ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「会社の同僚にバレたくない」「家族にバレたくない」ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手銀行系カードローンのプロミスの他にモビットも評判です。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

銀行系カードローンの基礎知識コラム

いくら親しい間柄であっても、借金があるとは言い出しにくいものです。

キャッシングが必要だけれども、それを家族にも内緒にしておきたい時は、即日借入カードの存在や業者からの連絡が家族の耳に入ることを回避しなければなりません。カードを郵送以外で受け取る方法は簡単で、最寄りの自動契約機を使えば、カードを手に入れられるので、自宅に届く心配はありません。また、郵便物については、その即日借入業者に連絡をすれば、自宅に郵送されないように対応してもらえます。業者側も、こうした秘密にしたいニーズがあると分かっているので、プライバシーに配慮した対応をしてくれるでしょう。



即日借入の契約をする場合は、利用限度額も大切なポイントでしょう。即日借入限度額が50万円以下のときは、本人確認書類として運転免許証を提示するだけで契約することが可能だからです。



しかし、希望する限度額が50万円超であったり、他社からの借入金額を加えて100万円を超えてしまうと、所得証明を提出することになり、手続きが少し繁雑になるのです。
巷で話題の即日借入とは、いわゆる消費者金融会社などから手持ちのお金がなくてちょっと困ってしまったというときに貸して頂戴するというようなタイプの借り入れ方法です。大きな金額の借り入れをするというのであれば、まず連帯保証人や担保が必要になってくるものです。もし即日借入というサービスを利用するだけであれば、万が一のときのことを考えての保証となるものは無かったとしても特に問題にはなりません。
申込みをしているのが本人だということが証明可能ならば、心配なくお金を借りることが出来ると考えていてOKです。馴染みのあるものを活用して即日融資を受け、金銭的なピンチを乗り越えませんか。用意するものには証明書などがありますが、明瞭な写真があれば利用できます。スマホを使って証明書を撮影すればそのまま業者に送信できるため、窓口や無人契約機まで出向かなくても良いのです。審査自体は通常のものと変わりがありませんし、特に審査の際に問題がなければ振り込みなどの希望する方法で融資を受け取ることができるでしょう。生活費が足りないという時に即日借入を利用する際は、あまり多くの金額を利用しないようにして、返済の見通しが立つような金額に留めなければ、後で返済に悩まされることになります。生活費と言えども、その積み重ねが命取りになるので、即日借入頼みにならないように気を付ける必要があります。

即日借入を利用する際の心構えとして、返済の見通しを立ててから利用するようにしてください。
即日借入をリボ払いで返済するのはとても便利ですが、その反面、リボ払いにはリスクもあります。

そのリスクは、毎月リボ払いで支払うお金に利子がさらにつくことです。

即日借入の返済を一括でするなら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いには毎月の利子が上乗せされます。

そのようなリスクもありますが、リボ払いは毎月の返済額が少ないので、返済しやすい方法です。

今月は赤字にならなかったもののギリギリという月の給料日直前に、急な出費が出てしまった時、手っ取り早くお金を借りられるところがあるか考えてみましたが、あまり考え過ぎず即日借入というスピード融資の方法がありますね。
思っていたより手続きも簡単で、ネットからワンタッチで、お金を貸してくれるところが見つかるでしょう。ただし、お金のやり取りをする以上、何らかの審査が必要になってくることは当たり前のことですよね。そこのところを理解していなければ、何社はしごしようとお金は貸してもらえません。

既に多額の借金が金融各社にあったり、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人など収入が借入金を下回るなど、きちんと月々の返済が出来る状態でないことがわかってしまったりすると、審査以前の問題であり、通るかどうか考えるまでもなく貸してくれるところなどもはや存在しないという事を思い知るべきです。
即日借入で早く簡単にお金を借りる方法は、パソコンやスマホでオンライン申込みをすると良いです。店舗に出向く必要もなく、家などでくつろぎながら年中無休いつでも申込みできて都合がよいです。

web審査もすぐに終わり平均1時間程度で結果を知ることができるので、迅速に契約手続きをすることができます。
さて、実際にカードローンを組んだ場合に気にかかるのが、設定された金利です。コマーシャルでも放送されているカードローン会社のCMは一つではありませんし、CMで流れている金利って、各社で違うことが分かると思います。

金利が高く設定されていれば、そのぶん、利息も高くなってしまうわけです。その為、金利を比較した上で、ローンを組むというのが良い方法ではないでしょうか。カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは考えているほど多くありません。金融業者ごとに独自のルールがあるかもしれませんが、それでも最強の身分証明と言われる免許証やパスポートなどが用意できれば、住所や本籍地等も掲載されていて、充分なようです。



随分カンタンだと思われるかもしれませんね。


でも、返すときに同じように思えるでしょうか。
それはあくまでも本人の気持ちによるでしょう。



自分の収入ばかり考えるのではなく、固定支出も考慮し、どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大事だと思います。

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス